FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

FXの証拠金とデモ口座

FXの初心者なら、いきなり、FXの取引を始めるのではなく、まずは、デモ口座での取引をおこないましょう。デモ口座であれば、証拠金も必要ありません。証拠金は、架空のものが設定されています。ですので、自分のお金を証拠金として入れる必要はありませんので、FXの取引に失敗したとしても証拠金が減る心配も必要ありません。このデモ口座は証拠金は架空のものですが、表示されるレートなどは、架空ではなく、実際のものを使用しているところがほとんどです。また、取引操作についてもそうです。ですので、FXの初心者が実践前に、なれる場としてデモ口座を活用するのが一般的なようです。このデモ口座によって、FXの用語や取引方法について慣れていくのです。しかし、それ以外にも活用方法というのがあります。FXで儲けている人というのは、マイルールを持っていて、それを守っているという人が多いようです。自分にあった取引ルールや通貨ペアというのがわかっていないとFXで勝ち続けることが難しいようです。しかし、それを見つけるまでには、どれくらい失敗を重ねる必要があるのでしょうか?証拠金をいくら用意すればいいのでしょう?用意した証拠金が、FXで勝てるようになる前に、なくなってしまうこともあるでしょう。それを防ぐためにもデモ口座を活用するべきだと思います。デモ口座の証拠金は架空のものですが、それでも真剣に取り組むことができれば、自分のパターンというのがわかるようになりますよ。

FXの証拠金と口座選び

外国為替証拠金取引(FX)を行う場合、FX会社にご自分のお金を預けます。その資金が証拠金とよばれるわけです。証拠金とはもともと商品先物で使われていた用語です。

FXの証拠金には基本的に2種類あり、FX会社によって呼び名がことなりますが、一般的に現金残高や資産といわれているのが、FX会社に預けた総額のことです。そして、必要証拠金や取引保証金といわれているのが、ポジションをもつときの必要な金額のことになります。この必要証拠金はレバレッジをかけた状態での必要な金額ということになります。

また、取引したいFX会社により必要な最低証拠金が違います。

最近は1000通貨からの取引を行える外国為替証拠金取引(FX)会社が増えていますので、最低保証金額も数千円や数百円、あるいは0円という外国為替証拠金取引(FX)会社も多いですね。

外国為替証拠金取引(FX)を行いたい場合、FX会社に口座開設をするのですが、このFX会社選びが結構重要になってきます。FX会社は、証拠金の呼び名などが違うだけでなく、会社ごとに特徴があります。まず、先ほど申し上げた必要な最低保証金額というのも口座選びのポイントになるかと思います。それに、ご自分の大切なお金を証拠金として、FX会社に預けるのですから、安全なFX会社を選びましょう。安全なFX会社のポイントとなるのは、そのFX会社の信託保全がどうなっているのか、サーバーが強くて安定してるのかなどになってきます。JASDAQに上場しているなども選ぶポイントにされている方もいらっしゃるようです。

外国為替証拠金取引(FX)のデイトレード

外国為替証拠金取引(FX)のトレード方法には幾つか種類があります。と言ってもルールがあるわけではなく、実際の取引そのもののは同じなのですが、どのように売買をするか、どれほどポジションを持ち続けるかなどといった違いによってトレードを分類します。こういったことは株式投資でも同じですよね?株初心者の方でも、株で勝てるイメージがあるのであれば、おそらく為替でも勝てるイメージを持っていると思います。

外国為替証拠金取引(FX)の中でも、短期スパンで為替差益を狙っていくトレード方法がデイトレードです。簡単にデイトレードの方法、メリット・デメリットをご紹介しましょう。

外国為替証拠金取引(FX)のデイトレードというのは読んで字のごとく”1日”の間で売買を完了させてしまうトレード方法です。例えば朝出勤前に1ドル=100円00銭だとして、為替相場が99円90銭になったときに1万ドル分買うように注文を出しておきます。また同時に100円10銭になったときに売るよう注文も出しておくわけです。

このように設定する場合は、その日のうちにそれらの注文が決済されることを念頭に置いているものです。10銭、20銭の差での決済をしていくわけです。この場合は1万ドルの取引ですから、うまくいけば1000円から2000円程度の利益となるわけです。これは持っている証拠金の額によって取引金額も変わってきますので、自分の証拠金に合わせた取引設定で構いません。

こうしたデイトレードは外国為替証拠金取引(FX)を知る上で、仕組みをしっかりと認識できる取り組みやすいトレーディング方法といえます。数万円程度の証拠金でもスタートできるので、外国為替証拠金取引(FX)の入門方法としてもおすすめです。初心者の方にもおすすめですよ。

損切りの計算方法

今回はちょっとアカデミックに損切り(ロスカット)の計算方法についてまとめていきましょう。証拠金をいくら用意しなければならないのか、証拠金に対してどれぐらいの値動きでマージンコールがかかるかは把握しておかなければなりません。
計算式をまとめておくと……

<購入価格 × (1-マージンコール率)/レバレッジ>

となりますが、具体的な例で確認してみましょう。

レバレッジ10倍で、外国為替レートが1ドル=100円の時にUSD/JPYを1000通貨取引するには、1万円の証拠金が必要になります。ロスカットレベルを証拠金維持率30%と設定した場合を考えてみましょう。

証拠金維持率は、取引に必要な証拠金が1万円である場合、証拠金を1万円入金していれば100%になります。ロスカットレベル30%ということは、必要な証拠金(1万円)が30%まで目減りしたらロスカットしますということになります。

[計算式] 1万円 × 30% = 3000円

ですので、入金した証拠金が3000円まで減ってしまったら、強制決済されることになります。今回の例では証拠金1万円からスタートしていますから、買った直後はロスカットまでに7000円の為替差損に耐えることができます。

最初のほうのロスカット計算式に代入すると……

100 × (1-30%)/10倍=7円

ということになり、1ドル=100円から7円円安まではロスカットされずに済むということになります。

外国為替証拠金取引(FX)の両建てとは?

外国為替証拠金取引(FX)の両建てとは、同一通貨で「買い」と「売り」の両方のポジションを持つことをいいます。
例えば、USD/JPY(米ドルと日本円の通貨ペア)の場合、USD/JPYを1万ドル買いポジションを取り、同時に1万ドル売りポジションを取ることをいいます。外国為替証拠金取引では、両建てすることによってその通貨ペアから生じる為替差損益がゼロとなります。

上記の例だと、両建ての状態で1円円安が進んだ場合、買いポジションでは1万円の為替差益が出て、売りポジションでは1 万円の為替差損が出ますので、合計するとプラスマイナスゼロということになります。

外国為替証拠金取引(FX)における両建て取引は、顧客にメリットの無い行為として両建てポジションを持つことができないFX会社もあります。実際、両建てした場合、多くのケースでFXスワップ金利がマイナスになります。多くの場合、スワップ金利は買いのプラス金利の方が売りのマイナス金利よりも低くなっています。
(※ くりっく365など買いと売りのスワップ金利が同じ場合を除きます)

両建ての場合だと、為替差損益はゼロとなるのですが、両建てしている期間、マイナス金利がかかり続けることになり、金利差を支払い続けることになってしまいます。

また外国為替(FX)の両建ての場合には、売り買い両方のポジションに対して証拠金が必要になってしまいます。資金効率の面から考えると、両建てにするのなら、すべてのポジションを手仕舞いしたほうが明らかに有利だといえます。

FX口座開設のポイント#2

外国為替証拠金取引(FX)の魅力の一つが、FXのスワップ取引と呼ばれるものです。
スワップとは通貨ペアの買い通貨と売り通貨の金利差のことで、これによって発生する利息のことをスワップポイントといいます。金利差が大きければ大きいほど発生するスワップポイントも大きくなります。

外国為替証拠金取引(FX)では証拠金を担保にお金を借りて、その借りたお金で外貨を買います。一般的にお金を借りる場合には金利がかかりますが、借りたお金で外貨を買う場合、買った外貨の金利は受け取ることができます。金利の安い通貨で金利の高い通貨を買うと差額の金利を受け取り続けることが出来ます。これがFXのスワップ金利の仕組みです。

細かい規定はFX業者によっても違いますが、一般的にはスワップポイントはポジションを持った次の日までロールオーバー(決済の持ち越し)することによって発生します。

FX業者によって受け取りスワップ額には大きな差がありますが、換算レートの違いやそれぞれのカバー先の違いなどで起こります。FXのスワップを比較して、スワップ取引に有利なFX業者を選ぶのが秘訣です。

外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイントは、1万通貨のポジションを持っていたとしても一日あたり、数十円~という小さな差額です。しかし、ちりも積もればなんとやらで長いスパンで考えると大きな差となります。刻一刻と変化する為替相場に一喜一憂するデイトレード派、細かく積み上げるスワップ派と外国為替証拠金取引(FX)は幅広く対応出来る懐の広さがありますね。

FX口座開設のポイント#1

外国為替証拠金取引(FX)は人気の外貨投資取引です。当然、投資ですから目的は資産運用です。
FXは少額の証拠金で始めることができるとはいえ、投資ですから、生活に支障が出るようでは長続きしません。これはギャンブルに生活を賭けてはいけないのと同じく、ふさわしい位置においておかなければいけないということです。

FXの取引口座に最初にいれる証拠金は5万円や10万円といった比較的少額の証拠金で始めることができるものが多いのですが、その元本は保証されません。判断を誤れば全てなくなってしまう可能性のあるものです。ですから、その証拠金が消えてしまっては明日からの生活が成り立たないといった投資をしてはいけないわけです。

余分の資産をしっかり運用していくという投資の基本スタイルを崩さないようにしましょう。

[少額の証拠金から始めたい]
FX取引はしてみたいけどあまり大金はつぎ込みたくないと考える人は多いと思います。とにかく小さな取引単位で試してみたいと言う方は、取引単位が1000通貨単位以下、取引手数料無料というポイントでFX業者を選びましょう。

[空いた時間を有効利用したい]
忙しい毎日で投資に充てるまとまった時間が取れないけれども、なんとか外国為替証拠金取引(FX)を始めたいと言う方もおられることでしょう。そのような方にはモバイルトレードが可能なFX業者がおすすめです。

[とにかく安全な業者を利用したい]
手数料無料やキャッシュバックを謳っていても、業者が倒産してしまっては元も子もない……とお考えの方も少なくないと思います。安定した外国為替証拠金取引(FX)を続けていきたいという方は、信託保全完備のFX業者がおすすめです。

損切りのルール

外国為替証拠金取引(FX)を長く続けるためには、自分なりのルール作りが大切だとご紹介しました。
そうしたルール作りで最も大切なポイントが、『損切り』です。損切りとは、ポジションを持ったが予想と反対の方向に動いてしまったとき、含み損を抱えた状態のポジションを決済すること、ストップともいいます。

投資の極意は損切りと言われるほど、損切りの仕方は重要で投資家の永遠のテーマともいえます。

[外国為替証拠金取引;損切りルールの決め方]
損切りを上手にするためのコツは、とにかくルールを決めておくことです。損切りするということは、自分の判断ミスを認めて損失を確定する作業ですから、なかなか決断できないのが普通です。

損切りした途端に為替相場が逆転して悔しい思いをした経験があると更に判断が難しくなります。ルールを持たずに損切りの判断をすることは非常に難しいことなのです。だからこそ、あらかじめ損切りのルールを決めておくことが大事なのです。

ルールといっても複雑な設定を擦る必要はありません。例えば、「買値から10%下がったら損切りする」などでもいいと思います。見通しを誤ったときは、あらかじめ決めた損切りルールに従って粛々と損切りすることが、損失を最小限に抑える最も効果的な方法です。

人間は貪欲な生き物です。損をするとわかっている行為を実行に移すのは並大抵の気持ちでは出来ません。損切りルールを決めていても、実行することは非常に難しいものです。だからこそ、最低限ルールは決めておかなければなりません。

外国為替証拠金取引(FX)のコツ

外国為替証拠金取引(FX)で成功するコツってあるんでしょうか。
雑誌やネットでは、FXの成功談が実しやかに紹介されていますが、実際のところはどうなんでしょう? 確かにFXは仕組みの上からも少ない資金で大きなリターンを見込めるので、短期的な儲け話はあると思います。

しかし、成功話の裏には多くの挫折者がいることも覚えておきましょう。
大きく儲けようとしてレバレッジを大きくする。
昨日の損失を埋めようとして、マイナー通貨ペアで勝負する。
一度の成功に気を良くして、危ない橋を渡ろうとする。
このような方が後を絶ちません。失敗する多くの人は、FXトレーダーの心得を知らなかったかまたは無視したゆえにそのような結末になってしまうことが多いのです。

外国為替証拠金取引(FX)で失敗しないためのポイントは自分のルールを作ってそれを守るということです。最初は、どのようなルールを設定すればいいのかについてわからないと思うので、ハウツー本や優秀な情報商材などを参考にするのもいいでしょう。とにかく自分なりのルールをしっかりと確立することです。

簡単なところでは……
◆取引時間を決める
◆損切りのルールを決めて、それを守る
◆レバレッジの上限を決める
◆昨日の損は忘れる など

人間は欲深い生き物です。
外国為替証拠金取引(FX)に慣れてくると、「もう少し大きいレバレッジでやっていればもっと儲かった」と考えてしまうことがあるかもしれません。損失が出てしまった場合には、それを埋め合わせようとして取引を延々と繰り返すこともあるかもしれません。

自分の中でしっかりとルールを決めて、それを守っていくことがFXの鉄則であることを覚えておきましょう。

レバレッジのリスク

外国為替証拠金取引(FX)の魅力の一つがレバレッジなのは間違いありません。前回ご紹介したように少ない証拠金で何倍もの金額の取引ができるのですが、リスクはどうなのでしょうか。

[外国為替証拠金取引;レバレッジのリスク]
証拠金を1万円預けている状態で、仮にレバレッジを100倍にしてFX取引をした場合を考えてみましょう。為替相場が1ドル=100円の時には、1万ドルを買うことができます。為替相場が動いて、1ドル=101円になった時にその1万ドルを売ると1ドル当り1円の利益になるので、1万ドルなら1万円の利益になります。証拠金1万円で始めた取引の利益が1万円ですから、資金が倍になったわけです。これがレバレッジの魅力です。

「儲けが大きければ同じだけ損失も大きくなる」というのは投資の基本です。FXの場合も同様で、レバレッジを大きく使えば少ない証拠金でも大きく儲けることができます。しかし、これは大きな損失も生じかねないことを意味しています。

先程の例でもう一度考えてみましょう。証拠金1万円でレバレッジを100倍に設定している場合、1ドル=100円の時に1万ドル分の取引が可能です。為替相場が1ドル=100円から101円に動いた場合には、1万ドルを売って1万円の利益になります。

しかし、逆に為替相場が1ドル=100円から99円になった場合を考えてみましょう。同じく1ドル当り1円の損失ですから、1万円の損失になってしまいます。つまり証拠金が1万円しかないわけですから、資金ゼロというわけです。

keep looking »
経済